DATEへの道 ~ 見切り発車な日常

読書と映画と岡村靖幸が好きな、様子のおかしい人の日常

祝!DAOKO×岡村靖幸『ステップアップLOVE』視聴1000万回突破!~その2・Mステ以外の効果

さて、めでたく2018年4月にYoutubeでの視聴1000万回を突破した、DAOKO×岡村靖幸『ステップアップLOVE』。これって全体でみるとどんな感じなんだろう? と疑問に思ったので、普段私が観たり聴いたりしている音楽や動画について、Youtube上での視聴回数を並べてみた。比較した動画は完全に私の独断と偏見ですw

 

f:id:undario:20180419113927p:plain

 

  1. 星野源 - 恋                   :1億7000万回
  2. DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO :1億3000万回
  3. PPAPペンパイナッポーアッポーペン        :1億3000万回
  4. 米津玄師 MV「アイネクライネ」                         :1億 500万回
  5. 米津玄師 MV「 灰色と青( +菅田将暉 )」        :5529万回
  6. Suchmos "STAY TUNE" (Official MV)                    :3745万回
  7. 岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video             :2968万回
  8. 悲しみの果て ・ エレファントカシマシ             :1022万回
  9. DAOKO × 岡村靖幸ステップアップLOVE』     :1001万回
  10. DAOKO 『水星』 Music Video[HD]                 :664万回

 

もちろん、公開からの経過期間やもろもろの事情が異なるなど、比較するベースが違っているかもしれませんが、ざっくりと並べてみました。

 

恋ダンスでも話題になった、星野源「恋」は、地上波ドラマ・紅白出場なども重なり「国民的〇〇」と冠が付くくらいの知名度。そこまで行くと、1億7000万回にまで達します。

 

ピコ太郎星野源のように日本中津々浦々に広まった動画なので、1億3000万回。

 

それにしても、凄いのが米津玄師です。DAOKOといっしょに映画の主題歌としてリリースした『打上花火』は、1億3000万回。ピコ太郎と同じ規模です。

しかし違うところは、幅広い世代の認知度が高いピコ太郎に比べて、ピンポイントの10代~30代の認知度がダントツに高いと予想できます。

Youtube上にある米津玄師(ハチ)名義の動画で、MAXでこの1億3000万回視聴の『打上花火』含め、1000万回以上の動画が、なんと「22本」もあります。

 

ライブのチケットが取りにくいSuchmosの"STAY TUNE"でも、3745万回。

岡崎体育 『MUSIC VIDEO』でも、2968万回。

昨年の紅白にも出たエレカシは、一番多い回数の動画で、1022万回。

DAOKOは『打上花火』がMAXで、次が『ステップアップLOVE』、その次は664万回。

 

(米津玄師、DAOKOにしても主な活動場所はニコニコ動画だったので、Youtubeだけを取り上げるのは片手落ちではありますが、、、)

 

ステップアップLOVEYoutube視聴1000万回突破は、もちろん、2017年11月17日のミュージックステーションへの出演が一番の効果だったと思います。

でも、米津玄師のYoutube上での凄さを認識したことにより、米津玄師⇒DAOKO⇒岡村靖幸の動線で今回の『ステップアップLOVE』が、爆発的に視聴回数が増えたきかっけのひとつじゃないかと、感じた次第です。

 

米津玄師よ! ありがとう!!!